学会発表

21183.jpg

当クリニック理学療法士の秋本が第47回日本臨床バイオメカニクス学会にて

「変形性膝関節症患者と健常高齢者の歩行周期時間変動の差異」をテーマに論文発表を行いました。

今回の研究では変形性膝関節症患者さんと健常な高齢女性を対象に歩行のばらつきを比較しました。

そして、変形性膝関節症患者さんの方が歩行のばらつきが大きく、ばらつきが大きいことにより歩行の速度や日常生活の動作に影響するということが分かりました。

今回秋本PTが論文発表した日本臨床バイオメカニクス学会には、医師、工学研究者、理学療法士などが参加しています。

医師によるACL再建術や半月板縫合術がどのような術式でより解剖学的に安定し、機能的にも優れた手術となるかといった内容の講演や変形性足関節症に対する人工関節・固定術の適応などの講演もありました。

日頃、これらの疾患の手術後の患者さんのリハビリも行いますので、大変勉強になりました。

今後もこうした活動を積極的に行っていきたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント